• トップ /
  • インプラントと舌側矯正の特徴

インプラントで舌側矯正

インプラントと舌側矯正の特徴

優れたインプラントと舌側矯正

インプラント治療では従来ブリッジで対応していた歯の損失を、人口の義歯を入れることで回復させます。入れ歯のように洗浄の際に取り外す面倒もなく、特にオールセラミックで作られたタイプは、天然の歯と区別がつかないという特徴があります。またインプラントは自然な歯と同じ感覚で、食べ物を噛みしめることができるため、顎の骨が退化する心配もありません。その他、矯正歯科では、外から見えない歯列矯正も行われています。これまでの歯列矯正は、歯の前面に金属でできた矯正器具を装着したため、インプラントとは違って見た目が悪いという特徴がありました。しかし舌側矯正あるいは裏側矯正と呼ばれる矯正では、 口を開けても、人に気付かれる心配がありません。歯列の外側でなく舌側に矯正装置を付けるこの治療法は、優れたインプラントと同様、見た目を損なうことがないため高く評価されています。また場合によっては抜歯を行って、歯列を矯正するケースもありますが、健康な歯を削ることはありません。また舌側矯正は、最先端の歯科技術として、インプラントとともに注目されています。さらに、食事中に見えないという特徴の他に、歯茎にかかる負担が少ないのもメリットです。

↑PAGE TOP